世界中の業界関係者やファンが集える

バーチャル空間で行う展示会であれば、世界中だれでも参加可能。海外との取引機会を格段に提供しやすくなり、展示会そのもののブランディングに役立ちます。もちろん、リアル空間での展示会と同じく下記のようなことも簡単に行えます。

【バーチャル展示会の機能例】
・ブースの設営
・ノベルティグッズの配布
・資料や動画のダウンロード&閲覧
・アンケート実施&顧客データ集計
・来場後のアフターフォロー

これらに加え、出店企業のHPとの連動や、自社ECサイトへの誘導などコンバージョン(成約)を高めるための仕組みづくりを行う上でも便利です。

ブース設営も思いのまま!コスト削減にも効果大

どのような形で自社の露出を行うかも決めやすいのがメリットです。3Dによるリアル感あふれるブースなど、ご要望に合わせたカスタマイズをしていただけます。オーガナイザーの頭を悩ませるのが展示会開催時の費用です。例えば、会場コストや人件費、設営費…。バーチャルであればこうした費用を捻出する必要は一切ありません!開催コストを抑えることで、出展者が支払う料金も抑えられます。出展のハードルを下げ、より多くの方に出展してもらいたいと考えている企画者にとって、バーチャルは強い味方です。

データ化で顧客層が明確に!

バーチャル展示会に参加する際に登録をしてもらうことで、参加者についてもっと詳しく知ることができます。顧客情報をすぐにデータ化することで今後のマーケティングに役立てることも可能です。お客様が来場した後のアフターフォローもアプリ上で一貫して行えるため、商談の成約率アップも期待できます。

SAMPLE MOVIE

バーチャル空間サンプル映像

百聞は一見に如かず。サンプルアプリをダウンロードするのが手間なあなたへ、上記がバーチャルイベントでの空間の雰囲気を簡単にまとめた動画になります。3DCGで空間をゼロから制作するので、制約はゼロで可能性は無限大です。フェスやレイブはもちろん、かわいい系、かっこいい系、ストリート系、などなど様々な世界を表現することができます。アーティストのプロモーション、新作の展示会イベントなど、御社の「色」を最大限に表現して、競合他社との差別化を図れます。単発のイベントはもちろん、オリジナリティ溢れたバーチャル空間を所有して、今後の活動の新しいベース基地を持つことができます。

WORKFLOW

バーチャルイベント・ライブ化の制作の流れ

まずはバーチャル空間で実現したい内容や、バーチャルコンテンツ制作の目的などをお聞きします。バーチャルイベント内に盛り込みたい機能(Youtubeライヴモニターやチャット、オリジナルコンテンツなど様々!)があればお気軽にご相談ください。その後、バーチャル空間制作に入ります。テスト実装では、関係者の方にのみ制作したアプリを最終確認いただいた後、リリース(一般公開)に至ります!
イベント当日の流れや背信方法など、すべてサポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください!

Q&A

よくいただくご質問

専用のゴーグルや機器は必要?
いいえ。スマートフォンの専用アプリのみで参加可能です。
Oculus Rift や HTC VIVEなどゴーグルでのVR空間も別途制作可能です。詳しくはお問い合わせください。
バーチャルイベントの費用について知りたいのですが!
空間の広さや、バーチャル空間ないに盛り込む量、機能によって金額や納期が大きく異なってくるため、まずは一度お問い合わせください。単発イベントパッケージなどもご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。
イベント後、アプリはどうなるの?なくなる?
イベント終了後も更新を続ければアプリのバーチャル空間は残りますので、次回イベント時にもご利用いただけます。
その他にも運営コンテンツなどを用意して、継続してバーチャル空間を活用することも可能です。

バーチャルイベントを行いたいけど、実際何ができるの?食べれるの?とゆう方、簡単にまとめた資料がございます。
下記ボタンのお問い合わせページ、「資料請求」項目よりご連絡ください!

CONTACT

その他 お祭り・DJイベント・フェス・・・イベント関連なら
バーチャル化できます。
バーチャルイベントを制作したい方、まずはお気軽にご相談ください。

0422 69 2001

受付時間/平日12:00〜18:00

COMPANY

会社案内

株式会社CRACKIN
〒107-0062
東京都港区南青山3丁目1-30エイベックスビル2F

0422 69 2001受付時間/平日12:00〜18:00